会社情報

飛躍期

飛躍期(1970年~1989年) 日本経済の成長にあわせ飛躍的に成長

1970年
[昭和45年]
乾式造粒機「ローラーコンパクター」を開発・販売
食品粉末油脂「ラブリワックス-102H」を販売

1971年
[昭和46年]
自動糖衣・フィルムコーティング装置「ハイコーター」を開発・販売

1972年
[昭和47年]
東京都新宿区戸塚町「原田ビル」へ本社移転
横型スプレードライヤー「FS型」を開発・販売
医薬品添加剤「乳糖G」を開発・販売

1974年
[昭和49年]
大阪市東淀川区へ大阪営業所を移転

1975年
[昭和50年]
VECTOR社(米国)と「ハイコーター」、「フローコーター」の販売代理店契約締結
明台化工股有限公司と化成品の製造販売契約締結
医薬品添加剤「ダイラクトーズ」を開発・販売

1976年
[昭和51年]
遠心流動型コーティング装置「CFグラニュレーター」を開発・販売
SCHLEUNIGER社(スイス)と錠剤硬度計の代理店契約締結
ROMMELAG社(西ドイツ)と「ハイコーター」のライセンス契約締結

1978年
[昭和53年]
食品品質保持剤「アンチモールド-102」を開発・販売
埼玉県坂戸市に技術開発研究所・埼玉工場を開設

1979年
[昭和54年]
VECTOR社(米国)と「ハイコーター」のライセンス契約締結

1980年
[昭和55年]
埼玉県浦和市(現:さいたま市)にフロイント化成(株)を設立
(株)大川原製作所と製販分離の業務提携
Lodige社(西ドイツ)と「ハイコーター」のライセンス契約締結

1981年
[昭和56年]
医薬品添加剤の球形顆粒「ノンパレル-101」を開発・販売
自動溶出試験器「DT-300」を開発・販売

1982年
[昭和57年]
医薬品添加剤の球形顆粒「ノンパレル-103」を開発・販売
医薬品添加剤「CMEC」を開発・販売
複合型流動層造粒装置「スパイラフロー」を開発・販売

1983年
[昭和58年]
大阪府吹田市広芝町へ大阪営業所を移転し、事業所とする
水分活性測定器「FWA-100」を開発・販売

1985年
[昭和60年]
埼玉県東松山市に(株)フロイント粉体研究所(後の東松山事業所)を設立
医薬品添加剤「酸化チタン A-HR」の輸入販売
SEPPIC社(フランス)とワクチン用オイルアジュバント「モンタナイド」の輸入販売契約締結

1986年
[昭和61年]
旋回流動式「ローターコンテナー」の開発・販売

1987年
[昭和62年]
VECTOR社(米国)と「フローコーター」のライセンス契約締結
製剤用造粒コーティングシステムのコンピューター制御装置「ファーマトロニクス」を開発・販売
SEPPIC社(フランス)と「アンチモールド-102」のライセンス契約締結
多機能型食品品質保持剤「ネガモールド」を開発・販売

1988年
[昭和63年]
新型フィルムコーティング装置「アクアコーター」を開発・販売
栄養補助食品「活性型イチョウ葉エキス」を開発・販売

〒160-0023 東京都新宿区西新宿6丁目25-13 フロイントビル
TEL 03-6890-0750 FAX 03-6890-0870